lovely dog

症状を知っておく

nice cat

フィラリアは予防薬で予防するのに越したことはありませんが、すでに感染している状態で予防薬を使ってしまうと、ショック死してしまう可能性があります。
既に犬を飼っている方は、予防薬を使用する前にフィラリアの感染の有無を調べておく必要があるといえるでしょう。まずはフィラリアの症状を知り、ペットの様子を観察してみましょう。

フィラリアの症状は元気がなくなったり、食欲が減退する、呼吸が苦しそうなどの症状があらわれます。これらの症状は見逃しやすいので、常にペットの様子を観察しておく癖をつけましょう。
フィラリアの病状が進行すると、今度は尿が赤くなったり、お腹が膨らんでくるなどの身体症状があらわれます。これらの症状はかなりフィラリアが進行している証拠なので、すぐに病院に連れて行く必要があります。
フィラリアを放置し続けると、最終的に突然死してしまうこともあります。命に関わるほど怖い寄生虫なのです。予防薬の使用は飼い主の義務だと思っておきましょう。

フィラリアは蚊を媒体にして感染する寄生虫なので、予防薬なしで感染を防ぐのは難しいです。特に外飼いの場合や、散歩に連れていく犬に関しては感染リスクが高まりますので、かならず予防薬を使用しておきましょう。
理想的なのは、家に迎えてすぐにフィラリア予防薬を使用し、効果がなくなる前に継続で予防薬を投与し続けることです。効果が切れることがないように注意しましょう。動物病院でも、通販でもフィラリア予防薬は購入することができますので、ペットに責任を持つという意味でもしっかり用意しましょう。